5種類のニキビの特徴と対策法

5種類のニキビの特徴と対策法

ニキビ、それは肌に寄生し生命力を吸い取る寄生虫である・・・嘘です。そんなにやばいもんじゃありません。

 

ニキビについて

 

ニキビという物は毛穴に皮脂がつまりアクネ菌が増殖。それにより炎症が起きてあのニキビになります。
じゃあ一体なんで皮脂がたまるのかと言いますと、一番多い理由は皮脂の過剰分泌です。

 

思春期になるとホルモンバランスが崩れ、皮脂が大量に分泌されます。その結果、あのようなことになるのですね。
また、ニキビは白ニキビ、黒ニキビ、赤ニキビ、黄ニキビ、紫ニキビと5種類あります。

 

ニキビの種類と特徴

 

白と黒はただ毛穴に皮脂が詰まっている状態です。白はそのままの皮脂なのですが、黒の方は毛穴に皮脂が詰まり過ぎて毛穴からはみ出ている部分が酸素に当たり、黒く酸化しで黒ニキビとなります。赤ニキビは世間一般でいうニキビです。炎症が起きて赤みを帯びています。
黄ニキビ。ここからがレッドゾーンです。黄ニキビはよく白ニキビと間違えられますが、全然違います。

 

まず、白ニキビは先ほど言った通りに皮脂が詰まっているだけで炎症は起きていません、白ニキビの状態なら潰しても良いとされています。

 

しかし、黄ニキビは炎症が起きて膿がたまっていています。赤ニキビが悪化したものと思ってください。
ここまで来るとアクネ菌だけでなく黄色ブドウ球菌もニキビの中に入り込んでいるので、さらに悪化します。

 

ここまできたら皮膚科に行ってください。あと、絶対につぶしてはいけませんよ。

 

この黄ニキビは毛穴だけでなく周りの皮膚も傷つけているので、潰してしまうと高確率で跡が残ります。
そして、この黄ニキビがさらに悪化した物が紫ニキビです。

 

紫ニキビの特徴

 

紫ニキビの段階になったら迷わずに皮膚科に行ってください。もうここまで来ると自力ではどうにもなりません。お手上げです。この紫ニキビの特徴はとにかく広範囲の炎症です。毛穴だけにとどまらず顔全体に炎症が広がります。また、黄ニキビは膿がたまっていると言いましたが、紫ニキビは膿と血が混じっています。血が出ているということは相当ヤバい状況です。ここまでなってしまうと100%跡が残ってしまいます。

 

ニキビの治療方法

 

ニキビは皮膚病です。赤ニキビまでは自力で何とかできますが、黄、紫は自力でやってしまうと悪化したりして治りません。黄ニキビが出た時点で皮膚科に行った方が跡も残りませんし悪化もしません。将来跡がタマゴ肌になりたければ皮膚科に行くことです。また、赤ニキビの時点で薬の塗っても効果があると思います。