紫外線が与える肌ダメージはエイジングにとても関係がある

紫外線が与える肌ダメージはエイジングにとても関係がある

いつまでも若々しくあるために、アンチエイジングには紫外線対策が必要です。

 

紫外線は肌を老化させることがあり、しわやシミができる原因にもなります。
紫外線対策をすることは、日差しを避けることですが、天気のいい日だけでなく、曇りの日も強い紫外線が降り注いでいるということを忘れてはいけません。

 

老化は時間ではなく、紫外線だと言われているだけあって、紫外線が与える肌ダメージはエイジングにとても関係があるのです。

 

日焼け止めにはSPF値とPA値がありますが、SPF値は日焼け止めが効果を表している時間を示しています。SPF値が高いほど長時間、日焼け止めの効果が持続するということになります。それに対して、PA値はUVA波をどれくらいブロックするかの強さを表しています。PA++++が今では一番高い数値ですが、UVA波は皮膚の深層まで達して、将来のシワやシミの原因になるものを作ることになっています。

 

日焼け止めはどんなに強いものを塗っていても、汗をかいたりすると流れて落ちてしまうので、定期的に塗り直す必要があります。最近ではミストになっていて、お化粧の上からでも重ねづけすることができるような日焼け止めも出ています。

 

顔だけでなく、首筋やデコルテなど、そして腕、手、足などにも日焼け止めをしっかりと塗って、アンチエイジングに働きかけるようなことが必要になってきます。
特に自転車に乗るような場合には、手の甲が日焼けすることが多くて、手の甲にシミができてしまうことがあるので、アームカバーなどを使って日焼けを防ぐことが大事です。

 

夏は日焼け止めを塗ることと一緒に、帽子をかぶったり、日傘をさしたりすることが必要になってきます。肌色がワントーン明るくなると、それだけ若返った感じがしますから、アンチエイジングになると言えます。今日は曇りだから大丈夫という考えは間違っています。曇りの日の方が紫外線が強くなっていることがあるので、曇りの日でも注意することです。